六文銭

戦国武将である真田家の家紋、「六文銭」は有名ですね。

 

6文銭とは…

ご存知の通り、三途の川(さんずのかわ)の渡し賃といわれています

 

戦国時代、いつ戦で亡くなってもおかしくはないことから、

足軽たちはいつも6文銭を身に着けていたそうです。

 

つまり、6文銭を持っていれば安心、ということですね。

 

現代では、お金をそのまま棺に入れることはできない為、

6文銭を印刷したものを入れるそうです。

 

ペットちゃんの棺にも、守り刀や6文銭を納める方がいらっしゃいます。

まさにペットちゃんは『家族』、守れるなら守ってあげたい「家族の一員」ですね。

【ご確認ください】
当園は10キロ未満70センチ未満の
小型ペット専門の霊園です。